論語とイチゴ好き…壬生町キャラ「壬城苺花」 – 読売新聞

Home » 町おこし » 論語とイチゴ好き…壬生町キャラ「壬城苺花」 – 読売新聞
町おこし コメントはまだありません



 栃木県壬生町観光協会は、町の観光をPRする女の子のキャラクター「壬城苺花みしろいちか」=写真、同協会提供=を制作した。県内在住の女子高校生がデザインした。

 壬城苺花は、雷様をイメージしたでんでん太鼓のリボンを髪に付け、町特産のイチゴがあしらわれたスカートをはくなどしている。論語を通じた町おこしが行われている同町らしく、壬城苺花も「論語を学び」、「大好物はイチゴ」との設定という。

 名前は、壬生高校の生徒から募集し、応募34件の中から、壬生城とイチゴを組み合わせたものが選ばれた。また、壬城苺花を助けるハチのキャラクター「ベリビー」も合わせて考案された。

 これらのキャラクターは、同協会のホームページや観光パンフレット、オリジナルグッズなどで活用される。






コメントを残す