西日本週末豪雨が観光を直撃 七夕イベントなど中止 – 日刊スポーツ

Home » 観光 » 西日本週末豪雨が観光を直撃 七夕イベントなど中止 – 日刊スポーツ
観光 コメントはまだありません



 西日本を中心とした豪雨の影響で、企業は7日も工場の稼働や店舗の営業を休止したり、週末に合わせて予定していた七夕イベントや工場見学会を取りやめたりするなど対応に追われた。ホテルの予約キャンセルなど観光への影響も出た。浸水の被害を受けた工場では、状況確認や復旧に向けた作業が続いた。

 京都府では、宇治市で予定されていた野外音楽フェスティバルが中止となった影響で、京都市中心部のホテルでキャンセルが相次いだ。JR京都駅前のホテルはほぼ満室を見込んでいたが、3~4割が予約取り消しになったという。

 南海電気鉄道は和歌山市内を走る路線で星形のお菓子を配る七夕のイベントを中止した。家族向けなどに企業が企画している工場見学会も、ビール類を製造するキリンホールディングスの岡山工場(岡山市)や、サントリーのウイスキーの山崎蒸溜所(大阪府島本町)などで休止が相次いだ。

 王将フードサービスは岡山県などで20店舗近くを休業。回転ずしチェーン最大手の「あきんどスシロー」も5店舗程度で営業を見合わせた。コンビニも休業が相次いだ。

 パナソニックでは業務用ビデオカメラなどを製造する岡山工場(岡山市)が浸水し、被害状況の確認に当たった。NTTドコモなど携帯電話大手も、中国地方を中心に携帯電話がつながりにくい状態となり、復旧作業に追われた。

 一方、6日に営業時間を短縮するなどしていた関西の百貨店は、7日は一部の店舗で閉店時間を繰り上げたものの、ほぼ通常営業に戻った。(共同)






コメントを残す