日本政府観光局、富裕層誘客で商談会 欧米豪から旅行業46社招聘 – 観光経済新聞

Home » 観光 » 日本政府観光局、富裕層誘客で商談会 欧米豪から旅行業46社招聘 – 観光経済新聞
観光 コメントはまだありません



 日本政府観光局(JNTO)は、欧米豪の富裕層旅行を取り扱う海外9カ国の旅行会社46社を日本に招請した。6月21日に日本の観光事業者など50社との商談会を東京都港区のザ・リッツカールトン東京で開催した=写真。前後の期間には、地方の観光地などを巡る視察旅行を9コースで実施した。

 富裕層に特化した商談会、招請旅行で、昨年に続く2回目の開催。今年は、米国、カナダ、豪州、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアの旅行会社を招いた。

 商談会は、15分を1コマとしたマッチング方式で商談。フリーの商談時間も設けた。日本からは、旅館・ホテル、旅行会社、鉄道会社などが参加した。

 視察旅行では、地方を中心に文化や自然、食、アクティビティなど各種体験メニューを紹介。コースは、米国7社が金沢―高山―山代温泉、英国5社が尾道―岡山―高松―木曽・妻籠、ドイツ4社が軽井沢―湯田中温泉―山中湖、ロシア5社が倉敷―直島―高松―祖谷、豪州5社が軽井沢―金沢―加賀など。

 商談会後に開いたレセプションでJNTOの清野智理事長は、日本政府が掲げる訪日外国人旅行者数4千万人、その消費額8兆円の目標を紹介した上で、「目標達成のため、JNTOとしても富裕層市場を重要な市場としてとらえ、しっかりと対応していく。今回のショーケースをきっかけに日本の多様な魅力が伝わることを期待している」と述べた。

  • 2018年7月13日
  • NEW!

日本食に興味、温泉は泉質・効能で選ぶ 観光経済新聞社と調査会社のDIマーケティングはこのほど、インドネシア、ベトナム、タイの一般消費者を対象に、旅行と温泉に関する調査を行…

続きを読む

  • 2018年7月13日
  • NEW!

ANAセールスは11日、訪日旅行専用ダイナミックパッケージの販売を開始した。 ANAセールス株式会社(代表取締役社長:宮川純一郎本社:東京都中央区)は、日本各地へのA…

続きを読む

  • 2018年7月12日

日本政府観光局(JNTO)が6月20日に発表した今年5月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比16.6%増の267万5千人となり、5月として過去最高を記録した。政府…

続きを読む






コメントを残す