南紀白浜にアウトドア「サバゲー」 地域活性化狙う – 日本経済新聞

Home » 町おこし » 南紀白浜にアウトドア「サバゲー」 地域活性化狙う – 日本経済新聞
町おこし コメントはまだありません



日経クロストレンド

 アパレル「チャオパニック」「ガリャルダガランテ」や雑貨「スリーコインズ」などの専門店を全国に900店舗以上展開するパルが2018年3月17日、和歌山県白浜町にアウトドア型のサバイバルゲーム(サバゲー)施設「イコラパークス」をオープンした。観光地白浜での地域創生を狙う。

■ガンマニアから初心者、女性も

 JR新大阪駅から「特急くろしお」に乗って約2時間半、さらにJR白浜駅から路線バスで約10分。有名な白良浜海水浴場や三段壁などの観光スポットに向かう途中に、近畿大学水産研究所が所有する養殖実験場がある。その横道を少し山あいに向かって歩いたところに「イコラパークス」のエントランスはある。

 イコラパークスは小高い山の谷間に広がる自然のままの広大な土地を利用したアウトドアの複合レジャー施設だ。サバゲーだけでなく、エアソフトガンのシューティング場とBBQ場を設け、サバゲー未経験者も気軽に遊べる内容になっている。

サバイバルゲーム未体験者でも本格的なシューティングゲームを楽しめる「ウトラシューティングパーク」。上級者向けの実践演習エリアも用意。30分コースは銃などのレンタル料込みで300発1200円

 オープン2日目に集まった参加者は、ほとんどが迷彩服で決めたサバゲーマニアの男性客だった。ゲームに必要なエアソフトガンも自前のものを持参して参加。年齢は中学生から40代くらいまでで、カップル客もちらほらいる。この日はマニアの参加が多かったが、その後は初心者や女性チームの参加も増えているという。

完全装備で参加する男性マニアが圧倒的に多いが、最近では若い女性や会社のレクリエーションで参加する人が増えている

■店舗づくりのノウハウ生かしたリアルな演出

 サバゲーはエアソフトガンを使って撃ち合う「大人のゲーム」だ。2チームに分かれて勝敗を決める。敵陣のフラッグを取る陣取り合戦が基本で、敵に弾を命中させて全員倒すと勝ちなどといったさまざまなルールがある。






コメントを残す